佐倉城下町散策
200811月6日


 
日高ライブリーカレッジの外郭団体が研修バスツアーを計画。昨年に続いて二回目の参加。近くの駅で大型バスに乗り込み千葉県佐倉国立歴史博物館をメインに秋の一日を過ごして来ました。佐倉武家屋敷 順天堂記念館 堀田氏亭跡など素敵な所が一杯でした.
旧堀田邸・・・NHK大河ドラマ「篤姫」の時に登場した堀田正倫氏の邸宅だったところとか・・・ドラマと重なり 興味津々でした。

写真は全てサムネイルになっています。クリックしてご覧下さい。

国立歴史博物館 順天堂記念館 旧堀田邸

国立歴史博物館
大学の共同利用機関として誕生。
歴史学、考古学、民俗学、民族学を通じて、日本の歴史、文化を研究する博物館
常設展示は、歴史、文化の流れの中からテーマを選び、
生活史に重点をおいて構成。実物資料のほか複製品や復元模型が多く
使われている・・・資料より、
昔ピアノのお稽古を始めた頃 戦後直ぐだったけれども
我が家にはこのオルガンのような楽器があった。
もうすこし大きくて威厳ある姿で
お稽古しない!!と睨んでいたような気がする
懐かしいオルガンに出会った・・・・


順天堂記念館
佐倉順天堂は藩主堀田正睦の招きを受けた蘭医佐藤泰然が
天保14年(1843)に開いた蘭医学の塾。
 西洋医学による治療と同時に医学教育が行われ、
佐藤尚中をはじめ明治医学界をリードする人々を輩出しました。
現在、安政5年(1858)に建てられた建物の一部が残り、
記念館として解放している。・・・資料より
記念館の中は昔の手術の様子など少しリアルすぎて・・・
外に出たら菊の花が!!
珍しい種類の菊の花に出会え嬉しかった

旧堀田邸
旧堀田邸は、最後の佐倉藩主堀田正倫が
維新後東京から佐倉に移り住んだ邸宅です。
平成11年秋に大規模な補修復元工事を終えました。
また、明治期の庭師、伊藤彦右衛門による庭園部分は
「さくら庭園」として常時開放されています
平成18年7月5日には、
住居部の玄関棟・座敷棟・居間棟・書斎棟・湯殿および土蔵、
門番所の7棟が、「旧堀田家住宅」として
国の重要文化財(建造物)に指定されました。資料より