初秋の巾着田
2009.9.5


 
亡夫は詩吟の練習のために毎日の様に歩いて行ってきた巾着田・・・
何だか夫が亡くなってからは遠遠くなってしまって 散歩にも行く事もなかった。ライブリーの外郭団体「S会」では月一回 お掃除のボランティアをしている。お友達にお声かけていただいて 土曜日の朝 行ってきた。二回目の参加である。今までこういう経験のなかった私だけれども 澄み切った空気の中周りの山々を借景に ノンビリとお喋りしながら 野草苑をきれいにして 良い時間を過ごしてきた。もう直ぐマンジュシャゲで大賑わいになる巾着田も 未だ静か・・・・本当に良い所だ。

写真は全てサムネイルになっています。クリックしてご覧下さい。

高麗川が蛇行してつくりあげた湿地帯を利用した広大な花畑で、上空から見たときに巾着(布などでつくり、口をひもでくくり携帯する袋)の形をしていることから名付けられた。
渡来人が稲作を行っていた地ともされている・
久し振りに着てみたら水車が新しくなり ゆっくり回っていた。
野草苑・・・巾着田の一角に「野草苑」がりそれを
私が所属している会が管理している・・・・
巾着田には私有地も多く このハスが花が咲いているところは
私有畑だと言う。
そういえば大阪にいる頃 主人とハスの花を見にあちこち行った・・・っけ〜
大好きだった巾着田もたった一年半しか楽しむ事の出来なかった主人・・
色々の思いが交錯したひと時だった・・・
もう花が終わっている頃・・・待っていたくれたかのように
つぼみのハスも数個・・・・
花が散った後って 面白い・・・